レーシック手術の裁判2-レーシック体験談

体験談の動画・実際にあった失敗・眼科の口コミ

道案内:レーシック手術体験談|失敗談|動画>レーシック失敗談>レーシック手術の裁判2

レーシック手術の裁判2

日本でレーシック手術がスタートした2000年に、大阪地裁においてレーシック関連の裁判が2例行なわれました。

  • 「手術後に起こった合併症によって、レーシック手術を受ける前よりも視力が落ちた」
  • 「執刀医の失敗でレーシック後に強い不正乱視が残った」

失敗例1:手術後に起こった合併症によって、レーシック手術を受ける前よりも視力が落ちた。

被告の医師は、レーシックの手術を検討してクリニックを訪れた原告に対して、手術を受けることによるリスク、すなわち術後の副作用や合併症などの可能性をまったく説明せず、レーシックの手術を受けることに対してのメリットばかりを並べ立てて、手術を受けさせたことが問題となりました。

この裁判においては、もちろん医師の説明義務違反が認められ、原告側請求に添う形で判決が下っています。
このような訴訟の影響もあり、現在ではレーシックを受ける前に必ずレーシックのデメリット、リスクの説明と患者の同意を得ることは当たり前になっています。

失敗例2:執刀医の失敗でレーシック後に強い不正乱視が残った

手術前の十分な説明をしなかったことに加え、明らかに執刀医の技術レベルが低くフラップを作るのを失敗したという最悪の事態でした。そして、さらにはレーシック手術中に当然行われるはずの、目の洗浄・消毒を行なわなかったために、患者の角膜に異物が混入して角膜が濁ってしまったこと。そして、執刀医の技量不足によって、不正乱視を引き起こしてしまったということです。明らかな医療ミスによって、最悪の後遺症を残す結果となりました。

当然、裁判では医師側の過失が認められ、損害賠償金を支払うように判決が下っています。
レーシック手術が導入されたばかりの頃には、これ以外にも表沙汰になっていない問題が起こったといわれています。

しかし、近年では、レーシック手術を行う医師のレベルやエキシマレーザーなどが格段に進化していて、このようなひどい失敗手術になる可能性はまずないと考えていいと思います。

品川近視クリニック品川近視クリニック東京(有楽町)/名古屋/大阪/福岡
平均回復視力1.65で99.5%の方が裸眼で1.0以上に回復は日本トップクラス。プラチナレーシック 両眼8万円。


神奈川アイクリニック神奈川アイクリニック 新宿/名古屋/大阪
世界最高峰機種「コルチェット」レーザーを使用。「CRレーシック」が両眼8万円。


神戸クリニック神戸クリニック札幌/東京/名古屋/大阪/福岡/小倉
他眼科との違いは、『生涯保障制度』で万全のサポート。多くの芸能人やスポーツ選手を手がけています。


レーシック手術の裁判2の関連記事

レーシック体験談掲示板

レーシック手術の基礎

レーシック体験談

レーシック比較

レーシック失敗談

視力回復情報

最新記事

その他のメニュー

PR

レーシックの費用比較

サイト内検索

atom
RSS
Copyright (C) 2007-2010 レーシック手術体験談|失敗談|動画. All Rights Reserved.