手術が失敗となった場合、どのようなケースが考えられますか?-レーシック体験談

体験談の動画・実際にあった失敗・眼科の口コミ

道案内:レーシック手術体験談|失敗談|動画>Q&A>手術が失敗となった場合、どのようなケースが考えられますか?

手術が失敗となった場合、どのようなケースが考えられますか?

レーシックは、非常に安全性が高い手術ではありますが、100%ではありません。

手術のリスクとして、もっとも高いのが、一度の治療で必ずしも近視乱視が完全に回復できるとは限らないことがあげられます。1回目の手術でも近視や乱視などが残り、追加の矯正治療が必要となることもあります。その可能性は品川近視クリニックでは 1%未満となっているそうです。 2回目の治療を受ければほぼ全員が 1.0以上の良好な視力に回復するそうです。

レーシックは角膜を削って、視力を矯正する手術です。もし、2回目の治療をしたくても角膜の厚さが足りなければ、手術を受けられない可能性が出てくることを考慮しなくてはいけません。

その他のリスクとして、

ドライアイ
手術後は一時的に涙の分泌が不安定になる為、(ドライアイ)症状が出やすくなります。 涙の分泌量が手術前と変わらなくなるまで半年程度かかるといわれています。その間は点眼薬などをさして目の乾燥を防ぎます。
ハロ・グレア
夜間光がまぶしかったり、ぼやけて見えたりする症状です。これも、時間とともに改善しますが、稀に生活に支障がないレベルで症状がわずかに残ることがあります。

そして、一番不安に思われるのが「失明」ではないでしょうか?レーシック手術が行われるようになってから20年ほどたちましたが、現在のところ1例もないようです。

メリットとデメリットをよく理解したうえで、手術を検討しましょう。

品川近視クリニック品川近視クリニック東京(有楽町)/名古屋/大阪/福岡
平均回復視力1.65で99.5%の方が裸眼で1.0以上に回復は日本トップクラス。プラチナレーシック 両眼8万円。


神奈川アイクリニック神奈川アイクリニック 新宿/名古屋/大阪
世界最高峰機種「コルチェット」レーザーを使用。「CRレーシック」が両眼8万円。


神戸クリニック神戸クリニック札幌/東京/名古屋/大阪/福岡/小倉
他眼科との違いは、『生涯保障制度』で万全のサポート。多くの芸能人やスポーツ選手を手がけています。


手術が失敗となった場合、どのようなケースが考えられますか?の関連記事

レーシック体験談掲示板

レーシック手術の基礎

レーシック体験談

レーシック比較

レーシック失敗談

視力回復情報

最新記事

その他のメニュー

PR

レーシックの費用比較

サイト内検索

atom
RSS
Copyright (C) 2007-2010 レーシック手術体験談|失敗談|動画. All Rights Reserved.