フェイキックIOL-レーシック体験談

体験談の動画・実際にあった失敗・眼科の口コミ

道案内:レーシック手術体験談|失敗談|動画>視力回復手術>フェイキックIOL

フェイキックIOL

フェイキックIOL(有水晶体眼内レンズ)とは白内障治療で使われるレンズと同じ素材で作られた人工レンズを眼の中に挿入し、近視・遠視・乱視を矯正する治療法です。もの凄く簡単に言うと目の中にコンタクトレンズを埋め込むようなものです。

これまで、レーシックが難しいといわれてきた?10D以上の最強度近視の方や、角膜の形状が不正でレーシックが不向きな方もフェイキックIOLによって、視力回復することが可能になります。

眼内に挿入するレンズは、交換の必要がなく、一度手術を行えば長期にわたり矯正視力を維持することができます。手術時間は約20分程度です。

手術後に万が一問題が生じた場合でも、レンズを取り出すことで眼の状態を元に戻すことが可能です。フェイキックIOLはヨーロッパでは1986年から使われていて、アメリカでは2004年9月に、日本の厚生労働省にあたるFDA(アメリカ食品医薬品局)の認可を得ています。

フェイキックIOLの種類

フェイキックIOLには、ポリメチルメタクリレートでできたArtisan(アルチザン)とシリコーンでできたArtiflex(アルチフレックス)の2種類があります。近視・遠視・乱視の度数や目の形状によって、使用するフェイキックIOLを決めています。

フェイキックIOLのメリット

  • -10D以下の最強度近視や角膜が薄い方でも適用可能
  • 治療後の視界が良好
  • 強度近視や強度乱視の場合,レーシックと組み合わせることで,より良い視力を得ることが可能。
  • 万が一問題が発生した場合には取り外し元の状態に戻せる

フェイキックIOLのデメリット

  • 視力安定に時間がかかる
  • 手術費用が高額(両眼で約50万?100万円)
  • 白内障の危険性が高まる

フェイキックIOL手術の動画

フェイキックIOL手術が受けられるクリニック

品川近視クリニック品川近視クリニック東京(有楽町)/名古屋/大阪/福岡
平均回復視力1.65で99.5%の方が裸眼で1.0以上に回復は日本トップクラス。プラチナレーシック 両眼8万円。


神奈川アイクリニック神奈川アイクリニック 新宿/名古屋/大阪
世界最高峰機種「コルチェット」レーザーを使用。「CRレーシック」が両眼8万円。


神戸クリニック神戸クリニック札幌/東京/名古屋/大阪/福岡/小倉
他眼科との違いは、『生涯保障制度』で万全のサポート。多くの芸能人やスポーツ選手を手がけています。


フェイキックIOLの関連記事

レーシック体験談掲示板

レーシック手術の基礎

レーシック体験談

レーシック比較

レーシック失敗談

視力回復情報

最新記事

その他のメニュー

PR

レーシックの費用比較

サイト内検索

atom
RSS
Copyright (C) 2007-2010 レーシック手術体験談|失敗談|動画. All Rights Reserved.