ラセック(lasek)-レーシック体験談

体験談の動画・実際にあった失敗・眼科の口コミ

道案内:レーシック手術体験談|失敗談|動画>視力回復手術>ラセック(lasek)

ラセック(lasek)

ラセック(lasek)は、エピレーシックと似ていますが、異なるの点として、フラップを作成する際にエピケラトームの代わりに、角膜をアルコールに浸して柔らかくなった角膜上皮をめくることでフラップを作成します。レーシックに比べラセックはフラップを薄く作成するので角膜の厚みを十分に残すことができるので、角膜が薄い方や強度近視の方に適した方法といえます。

角膜の上皮細胞は約2週間で新しく再生されるため、ラセックで作成されたフラップは消滅するというメリットがあります。したがって、格闘技などの激しいスポーツをする方にも向いている手術です。

ラセック手術の手順

  1. 洗浄、消毒したあとに目薬タイプの麻酔薬で局所麻酔を行います。
  2. 角膜上皮をマーキングし、アルコールで約30秒間浸して角膜上皮をやわらかくします。
  3. 洗浄液でアルコールを流し、やわらかくなった角膜上皮を持ち上げ、非常に薄いフラップを作成。
  4. フラップをめくり、エキシマレーザーを照射。
  5. 照射後、フラップを元の位置に戻し、保護用のコンタクトレンズを装着して終了です。

ラセック動画

ラセックのデメリット

角膜上皮の再生期間中は痛みがあり、眩しくて目を開けられないような状態も発生する事もあります。3日程度すると痛みはほとんどなくなるという方も多いが個人差はあります。ラセックの場合、結果的にフラップが剥がれ落ちて角膜上皮が完全に再生するまでに時間が必要になり、数日から1週間程度は保護用コンタクトレンズを装着する必要があります。

品川近視クリニック品川近視クリニック東京(有楽町)/名古屋/大阪/福岡
平均回復視力1.65で99.5%の方が裸眼で1.0以上に回復は日本トップクラス。プラチナレーシック 両眼8万円。


神奈川アイクリニック神奈川アイクリニック 新宿/名古屋/大阪
世界最高峰機種「コルチェット」レーザーを使用。「CRレーシック」が両眼8万円。


神戸クリニック神戸クリニック札幌/東京/名古屋/大阪/福岡/小倉
他眼科との違いは、『生涯保障制度』で万全のサポート。多くの芸能人やスポーツ選手を手がけています。


ラセック(lasek)の関連記事

レーシック体験談掲示板

レーシック手術の基礎

レーシック体験談

レーシック比較

レーシック失敗談

視力回復情報

最新記事

その他のメニュー

PR

レーシックの費用比較

サイト内検索

atom
RSS
Copyright (C) 2007-2010 レーシック手術体験談|失敗談|動画. All Rights Reserved.