イントラレーシック-レーシック体験談

体験談の動画・実際にあった失敗・眼科の口コミ

道案内:レーシック手術体験談|失敗談|動画>視力回復手術>イントラレーシック

イントラレーシック

イントラレーシックの特徴はフラップの作成の仕方にあります。従来のレーシックではマイクロケラトームで角膜の表面を薄く削ってフラップを作っていたが、イントラレーシックではイントラレース(INTRALASE)社製イントラレースFSレーザーを用いて、コンピュータ制御によってフラップを精密に作成します。

従来のレーシックでは深さ160ミクロンほどのところで削って、専用の機械でめくりフラップを作成するのに対し、イントラレーシックでは深さ90?100ミクロンのところで均一に角膜を剥離させ、剥離させた部分の縁を丸く切り抜きフラップを作成することが出来るようになったので、以前に角膜が薄くレーシック適応検査で不適合だった人も受けられる可能性があります。

マイクロケラトームでフラップを作成するには医師の経験や技術を要するが、イントラレーシックではコンピュータ制御によってフラップを精密に作成できるので、失敗が少ないといえます。

フラップを開いて角膜実質層をエキシマレーザーで削り、屈折力を変化させます。この時、フラップが薄いほどより深く削ることが可能で、強度の視力の矯正はより深く削る必要があるので、フラップの薄さが大切になるのです。

また、イントラレーシックでは術後の平均視力1.0以上になる確率が大幅に向上し、ハロ・グレアやドライアイを引き起こす確立も大幅に軽減された。

イントラレーシックの動画

イントラレーシックのリスク

イントラレーシック特有の合併症として異常なほどに光に対して過敏になるとい報告があります。また、炎症が起こりやすいといわれています。イントラレーシックで合併症を引き起こす確率が軽減されたとはいえ、今後も改善すべき課題でしょう。

類似記事 レーシックとイントラレーシックの違い

品川近視クリニック品川近視クリニック東京(有楽町)/名古屋/大阪/福岡
平均回復視力1.65で99.5%の方が裸眼で1.0以上に回復は日本トップクラス。プラチナレーシック 両眼8万円。


神奈川アイクリニック神奈川アイクリニック 新宿/名古屋/大阪
世界最高峰機種「コルチェット」レーザーを使用。「CRレーシック」が両眼8万円。


神戸クリニック神戸クリニック札幌/東京/名古屋/大阪/福岡/小倉
他眼科との違いは、『生涯保障制度』で万全のサポート。多くの芸能人やスポーツ選手を手がけています。


イントラレーシックの関連記事

レーシック体験談掲示板

レーシック手術の基礎

レーシック体験談

レーシック比較

レーシック失敗談

視力回復情報

最新記事

その他のメニュー

PR

レーシックの費用比較

サイト内検索

atom
RSS
Copyright (C) 2007-2010 レーシック手術体験談|失敗談|動画. All Rights Reserved.