レーシック 失敗しないレーザー器械は?-レーシック体験談

体験談の動画・実際にあった失敗・眼科の口コミ

道案内:レーシック手術体験談|失敗談|動画>視力回復情報>レーシック 失敗しないレーザー器械は?

レーシック 失敗しないレーザー器械は?

この情報は2010年4月19日現在の物です。

多くの人が成功し快適な生活を送れる「レーシック手術」。しかし、少なからず失敗する人もいるのは事実です。

これからレーシックを受けようと考えている人は、「失敗率何%」、「どこのクリニックだったら失敗しにくいの?」と気になるところではないでしょうか。

結論から言うと、どこの機関も検査していないので分かりません。

我々は、各クリニックのホームページと素人が書いた体験談くらいしか参考にする物が無いのが現状です。

どのクリニックのHPを見ても症例数を自慢し、自分のところのレーザー機器が優秀だと書いてあるだけで、参考にする材料がありません。これだとどこのクリニックでも一緒に思えてきます。数年前でしたら、アメリカの食品医薬品局(FDA)でレーシック術後の機械毎の成績が発表されているのですが、今となっては古い情報です、たぶん新型の機械は発表されていないはずです(英語が分からないので断言できませんが)。 では、どのレーザーでも一緒なのでしょうか?

失敗の少ないレーザー

人間の目はじっとしていても、1秒間に数回、自然にしているときは100回以上動くといわれています。ですので、眼の動きを追いかけるの「トラッキング機能」はとても大切です。どんなに精密なレーザーでもトラッキングが悪いと意味がないのです。

しかしながら、一つの性能を比較して良し悪しは分かるようなものではないそうです。

遠谷眼科の医師、遠谷茂先生の見解によると(http://www.entani.com/pdf/20071115_LASIK.pdf)現在、有名なメーカーとして、
Technolas Perfect Vision社(錦糸)
Baush&Lomb社
Carl Zeiss社
ニデック社
Visx社
WaveLight社(神奈川、品川、錦糸)
AMO社(神奈川、神戸、、品川)
などが揚げられますが、どの器械が好きかということは、現在の器械の性能を持ってすれば個人的な好みの問題だと言っておられます。つまり、有名なメーカーの器械であれば、どこも大差がないということだそうです。

大手や誰もが知っているレーシックを行っているクリニックでは、有名なメーカーを使っています。後は、衛生管理と医師の技術、そしてアフターケアのしっかりしたクリニックが重要になってきます。

品川近視クリニック品川近視クリニック東京(有楽町)/名古屋/大阪/福岡
平均回復視力1.65で99.5%の方が裸眼で1.0以上に回復は日本トップクラス。プラチナレーシック 両眼8万円。


神奈川アイクリニック神奈川アイクリニック 新宿/名古屋/大阪
世界最高峰機種「コルチェット」レーザーを使用。「CRレーシック」が両眼8万円。


神戸クリニック神戸クリニック札幌/東京/名古屋/大阪/福岡/小倉
他眼科との違いは、『生涯保障制度』で万全のサポート。多くの芸能人やスポーツ選手を手がけています。


レーシック 失敗しないレーザー器械は?の関連記事

レーシック体験談掲示板

レーシック手術の基礎

レーシック体験談

レーシック比較

レーシック失敗談

視力回復情報

最新記事

その他のメニュー

PR

レーシックの費用比較

サイト内検索

atom
RSS
Copyright (C) 2007-2010 レーシック手術体験談|失敗談|動画. All Rights Reserved.