黒田博樹投手がレーシック(視力回復手術)-レーシック体験談

体験談の動画・実際にあった失敗・眼科の口コミ

道案内:レーシック手術体験談|失敗談|動画>視力回復情報>黒田博樹投手がレーシック(視力回復手術)

黒田博樹投手がレーシック(視力回復手術)

フリーエジェントでメジャーリーグのドジャースに移籍した黒田博樹投手が2007年の12月下旬に神戸クリニックで視力回復手術(レーシック)を広島市内で受けた。

広島カープでプレーしていた時の黒田博樹投手は、普段はコンタクトレンズを使用していたが、試合のときにサインの見えづらいことがあった。さらにロサンゼルスは空気が乾燥していて、コンタクトレンズでは大変になるので、よく考えたすえに視力回復手術(レーシック)を決意したそうです。現在の視力は0,5で1,5まで回復したいと話していました。

レッドソックスの松坂投手ら多くのスポーツ選手もレーシック手術を受けており、黒田博樹投手の今後が期待される。

レーシックとは、目の表面の角膜にエキシマレーザーを照射し、角膜の曲率を変えることにより、近視・乱視・遠視の視力を矯正する手術。入院などの必要がありません。

品川近視クリニック品川近視クリニック東京(有楽町)/名古屋/大阪/福岡
平均回復視力1.65で99.5%の方が裸眼で1.0以上に回復は日本トップクラス。プラチナレーシック 両眼8万円。


神奈川アイクリニック神奈川アイクリニック 新宿/名古屋/大阪
世界最高峰機種「コルチェット」レーザーを使用。「CRレーシック」が両眼8万円。


神戸クリニック神戸クリニック札幌/東京/名古屋/大阪/福岡/小倉
他眼科との違いは、『生涯保障制度』で万全のサポート。多くの芸能人やスポーツ選手を手がけています。


黒田博樹投手がレーシック(視力回復手術)の関連記事

レーシック体験談掲示板

レーシック手術の基礎

レーシック体験談

レーシック比較

レーシック失敗談

視力回復情報

最新記事

その他のメニュー

PR

レーシックの費用比較

サイト内検索

atom
RSS
Copyright (C) 2007-2010 レーシック手術体験談|失敗談|動画. All Rights Reserved.