レーシックと生命保険-レーシック体験談

体験談の動画・実際にあった失敗・眼科の口コミ

道案内:レーシック手術体験談|失敗談|動画>レーシック手術の基礎>レーシックと生命保険

レーシックと生命保険

レーシック手術は健康保険は適用されませんが、生命保険・医療保険を契約している場合は、契約内容および生命保険会社によっては手術給付金が出る場合もあります。給付金額は、各社やプランによって格差がありますが、5万円から10万円前後が相場です。

アメリカンファミリー、日本生命、明治安田生命、三井生命、住友生命、第一生命、朝日生命、ソニー生命、アメリカンライフインシュアランス、損保ジャパンひまわり生命、JA共済、太陽生命、大同生命、アクサ生命、ジブラルタ生命、AIGスター生命、ソニー損害、三井住友海上火災、東京海上日動あんしん生命、プルデンシャル生命、ウインタートウル・スイス生命、あいおい生命、富国生命、エキスパートアライアンス、その他

上記リストは、手術給付金の支給を保証するものではありません。各社の方針や条件により給付の対象とならない場合もあるため、詳しくは各生命保険会社にお問い合わせください。保険会社にお問い合わせの際、レーシック手術の正式名称は「レーザー角膜屈折矯正手術」と伝えましょう。

生命保険会社へ手術給付金の請求をする場合、医師の診断書が必要になります。クリニックによってちがいますが、ほとんどは診断書の作成に5,000円程度が掛かります。

レーシックを受けるために生命保険に加入しても、保険金は支払われる?

現在、生命保険・医療保険に加入していないが、レーシックを受けるにあたって加入する場合については、保険金は支払われないと考えた方が無難です。保険業界では「悪意の利用」と呼んでおり、これを排除しようとしています。

医療費控除

1年間に、本人または家族(税法での「生計を一にする親族」)が支払った医療費が10万円を越える場合、確定申告によって税金の還付が受けられます。

レーシック手術を受けると、手術代金の領収書を発行されますので、大切に取っておき、確定申告の際に控除対象になるかどうか、お住まいの地域の税務署に問い合わせましょう。

品川近視クリニック品川近視クリニック東京(有楽町)/名古屋/大阪/福岡
平均回復視力1.65で99.5%の方が裸眼で1.0以上に回復は日本トップクラス。プラチナレーシック 両眼8万円。


神奈川アイクリニック神奈川アイクリニック 新宿/名古屋/大阪
世界最高峰機種「コルチェット」レーザーを使用。「CRレーシック」が両眼8万円。


神戸クリニック神戸クリニック札幌/東京/名古屋/大阪/福岡/小倉
他眼科との違いは、『生涯保障制度』で万全のサポート。多くの芸能人やスポーツ選手を手がけています。


レーシックと生命保険の関連記事

レーシック体験談掲示板

レーシック手術の基礎

レーシック体験談

レーシック比較

レーシック失敗談

視力回復情報

最新記事

その他のメニュー

PR

レーシックの費用比較

サイト内検索

atom
RSS
Copyright (C) 2007-2010 レーシック手術体験談|失敗談|動画. All Rights Reserved.